テーマ 概要 予定 フォトギャラリ


2014年10月12日から15日まで米国ユタ州スプリングデールで開かれた超高エネルギー宇宙線国際会議UHECR2014の後のくつろぎ

研究分野 宇宙線物理学実験

研究テーマ

最高エネルギー宇宙線の起源の探究

10の20乗電子ボルト付近あるいはそれを超えるエネルギーをもつ宇宙線の観測によって、そのエネルギースペクトル、到来方向、化学組成を決定し、最高エネルギー宇宙線の起源およびそれに関る極高宇宙物理の研究を行います。

研究の概要

  • 理論的な予想(GZKカットオフ~6x1019 eV)を超えて、10の20乗電子ボルト以上の極高エネルギーの宇宙線が、明野観測所の大規模空気シャワーアレイ(AGASA)で11例観測されています。一方で米国ユタ州のHiRes実験では理論的な予想と一致する結果を出しています。この不一致を決定的に解決するために、米国ユタ州の砂漠地帯においてAGASAの約7倍規模の地表粒子検出器アレイと空気シャワーが発生する大気蛍光を観測する望遠鏡ステーションが2007年に完成しました。最高エネルギー領域の宇宙線のエネルギースペクトル、到来方向、化学組成を測定し、その起源を解明するのが、宇宙線望遠鏡(テレスコープアレイ[TA])実験の研究目的です。(TAの特徴
  • 将来計画へ向けたR&Dも行っています。2012年12月にJEM-EUSO計画に参加しました。

 

  • 2012年12月より、TAグループのspokesperson

 

  • 2015年度から5か年計画で、TA地表検出器4倍拡張計画(TA×4)の科研費特別推進研究が採択されました 
     研究課題名:拡張テレスコープアレイ実験 - 最高エネルギー宇宙線で解明する近傍極限宇宙
    • TA×4計画では、TAの地表検出器を4倍に拡張し、高統計で最高エネルギー宇宙線の起源探索に挑戦します。5年間で、これまでのTA観測事象と合わせて、TA20年分の事象が集まり、最高エネルギー宇宙線のホットスポットもより精度よく確定することができるようになります。2015年度から追加建設(3年以内)を開始します
      • 2014年10月UHECR2014国際会議でのTA×4の発表(pdf

ページの先頭へ


佐川の活動予定

  • 2016年 -----
  • 3月8日~12日:宇宙線研究所スプリングスクール@柏キャンパス

 

  • 2015年 -----
  • 10月23日、24日:宇宙線研究所一般公開@柏キャンパス
  • 9月25日~28日:日本物理学会@大阪市立大学
  • 9月23日:市民講演@大阪国際会議場
  • 7月29日~8月8日:宇宙線国際会議@オランダ;TA×4の口頭発表
  • 6月22日~26日:JEM-EUSO会議@理研(和光)
  • 6月14日~20日:Photon2015国際会議@ロシア ノボシビルスク
  • 6月13日:宇宙線研究所ガイダンス@本郷
  • 6月1日~12日:米国ユタ出張:TAサイトおよびTA collaboration meeting@ユタ大学 NOW!
  • 5月31日:TA日本グループ会議
  • 5月30日:物理学専攻ガイダンス@本郷
  • 5月11日:宇宙線研究所ガイダンス@本郷
  • 3月31日~4月6日:ロシア ノボシビルスク出張(ブドカ原子核物理学研究所)
  • 3月15日、16:TA拡大解析会議@柏キャンパス
  • 3月10日;TA日本グループ会議
  • 3月3日~7日:宇宙線研究所スプリングスクール@柏キャンパス
  • 2月19日:宇宙線研究所と報道機関との懇談会;TAの発表
  • 1月23-24日:CRC宇宙線将来計画研究会;TA×4の発表

 

  • 2014年 -----
  • 12月15日~17日:TA collaboration meeting@柏キャンパス
  • 12月12日~13日:宇宙線研究所共同利用研究成果発表会@柏キャンパス
  • 12月6日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 10月12日~15日:超高エネルギー宇宙線国際会議UHECR2014@米国ユタ州スプリングデール
  • 9月13日~15日:TA異方性解析ワークショップ@ブリュッセル自由大学(ベルギー)
  • 8月12日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 6月16日~18日:TA collaboration meeting@米国ユタ州ソルトレークシティ ユタ大学
  • 5月28日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 3月19日、20日:国際ワークショップVHEPA2014;「TAの結果とその展望」の発表
  • 3月14日:CRC将来計画タウンミーティング;TA×4の発表
  • 3月9日、10日:TA拡大解析会議@柏キャンパス
  • 3月3日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 1月29日:ILC加速器・物理合同勉強会でセミナー@KEK

 

  • 2013年 -----
  • 12月13日~15日:TA collaboration meeting@柏キャンパス
  • 12月9日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 10月19日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 10月13日~15日:TA異方性解析ワークショップ@ブリュッセル自由大学(ベルギー)
  • 8月22日:TA日本グループ会議@柏キャンパス
  • 7月2日~9日:宇宙線国際会議(ブラジル リオデジャネイロ
  • 6月17日の週:JEM-EUSO Collaboration meeting(スペイン領カナリア諸島テネリフェ島)
  • 5月29日~31日:TA Collaboration meeting (米国ユタ州ソルトレークシティ ユタ大学)
  • 5月24日TA日本グループ会議
  • 4月22日~25日:高エネルギーフロンティアのためのカロリメータ CHEF2013で発表(フランス パリ
  • 3月26日~29日:日本物理学会(広島大
  • 3月14日~15日:TA拡大解析会議(東工大
  • 3月4日~8日:宇宙線研究所スプリングスクール(宇宙線研究所
  • 3月4日~6日:第13回高宇連研究会「高エネルギー宇宙物理学の最新成果と将来への展望」(金沢市 石川県文教会館) 「TAにより得られた最新成果と今後の展望」の講演
  • 2月23日:TA日本グループ会議
  • 2月17日~21日:研究打合せ(米国ユタ州ソルトレークシティのユタ大学およびコロラド州GoldenのColorado School of Mines
  • 1月27日~2月3日:JEM-EUSO望遠鏡較正informal meeting(ドイツ カールスルーエ工科大学、フランス パリ第7大学 APC)、TA-Auger合同異方性研究会議(ベルギー ブリュッセル ブリュッセル自由大学)
  • 1月16日~18日:宇宙線研究所外部評価委員会(宇宙線研究所
  • 2012年 -----
  • 12月14日~16日:京都大学基研でTA Collaboration meeting
  • 12月3日~7日:JEM-EUSO Collaboration meeting(3日 at ICRR, それ以外 at 理研)
    • - 12月にJEM-EUSO(Extrem Universe Space Observatory onboard Japanese Experiment Module)に参加   New!
  • ----- 過去の活動 -----


フォトギャラリー (準備中)

ページの先頭へ